高血圧の原因と症状最新の記事

高血圧とは

心臓をポンプにして血管の中には常に血液が流れ、動脈では栄養や酸素などを臓器や細胞に運び、静脈では老廃物を集めますが、その際に血液が血管を流れる時にかかる圧力が血圧です。

心臓が収縮した時に押し出される血流が最も高くなる最高血圧(収縮期血圧)と、拡張した時の最低血圧(拡張期血圧)が、どちらも平均より高い状態である事を高血圧といいます。

血圧が高いと血管の内壁に当たる血液の速度が速くなり、刺激を受けて内壁が傷みやすくなあります。それで高血圧は良くないと言われています。また、刺激を受けても平気なように、血管は内壁を厚くして血液の流れる速さに対抗するのですが、高血圧で厚くなった壁にコレステロールが入る事で動脈硬化を起こしてしまうことがあります。
動脈硬化は血液の巡りを悪くし、血の固まりも溜まりやすく、血管を詰まらせてしまう事さえありますので大変恐ろしい病気なのです。

高血圧が怖いのは、この血管の詰りで、心臓で詰まったら狭心症や心筋梗塞、詰まった場所が脳なら脳梗塞など命に関わる重病を発症させます。高血圧は腎臓にも悪い影響があります。腎臓は体の老廃物をろ過し、尿として排出する役目がありますが、高血圧で弱くなった血管では血の流れも悪くなってしまい、結果、腎臓の働きが弱くなります。高血圧は多くの病気の原因ともなります。そのようなことから、健康維持のためにも普段の血圧チェックが大切でしょう。

 

 FX(外国為替証拠金取引)で億万長者になるためのブログ

高血圧の原因と症状について

高血圧の原因にはいくつか挙げられます。しかし、はっきりした原因が分かるのは、高血圧患者全体の1割程度とされ、多くの方は原因不明とされます。
カテゴリー
更新履歴
高血圧とは(2009年9月16日)
高血圧の原因(2009年9月16日)
高血圧の症状(2009年9月16日)
高血圧の自覚症状(2009年9月16日)